みらばけっそ!

ほぐし茶屋霞の冬華と小和による気ままな日記です(・ω・)
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
商品紹介
更新履歴
過去之記録
最近之評論
友達之輪
作者紹介
余他
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 本当は1ヶ月くらい欲しい。。 小和 | main | お知らせ【冬華】 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |- pookmark↑PAGE TOP
百人一首【冬華】


13日(土) 11時〜19時
14日(日) 14時〜20時
15日(月) 13時〜20時

です☆また忘れてましたw

映画はですね、結論から言うと「原作読む前に見るべきだった!」これにつきます。
内容は原作とはかな〜り違う感じになってました。基本設定は一緒だけど、登場人物の設定とか、人数とか、武器の種類とか変わってましたね。そしてさくさく殺し合いが起きててびっくりしました。原作だともっと慎重だったので・・・まぁ映画にするとなると展開早くしないとですもんね(><)うん。

最終的な生き残りとか解決とかも原作と違って、これはこれで楽しめましたが、最後のオチを知っちゃってたから新鮮味が薄れちゃいました。これからはなるべく映画の後に原作読もうかな。

そして次は荻原浩さんの「コールドゲーム」っていうのを読んでます。荻原さん好きですw
「千年樹」ではまりました。やっぱり読書はいいですね☆

そういえば昨日「ちはやふる」という漫画を紹介していただきました。百人一首のお話だそうで・・・百人一首大好き人間としてはとても興味深いのであります!!帰りに買ってみようかちら。
| - | 14:30 | comments(1) | - |- pookmark↑PAGE TOP
スポンサーサイト
| - | 14:30 | - | - |- pookmark↑PAGE TOP
コメント
原作と違うというのは往々にしてあるもののようですね。
やはり尺に収めないといけないという制約のせいでしょうね。

三年前に観た邦画『そのときは彼によろしく』も
そういった制約が働き、大分原作とはかけ離れたものでしたが
総合評価(あくまで個人的 としては映画も原作も楽しめた作品でした。
舞台装置が、20年来の趣味と合致したという贔屓目もあるのですがw

世間様の評価では、妙にSFチックであるとかリアリティ無視であるとか散々でしたが...
結果として楽しめた私は勝ちを拾ったと思っております。
| Frayja | 2010/11/13 3:07 PM |
コメントする